クラウン

2002年より特にクラウンキャラクター”プランセスモノキニ”の役、ナンバー創りに励み、舞台、カフェテアトル、イベントなどの場を踏む

訪問クラウンとして、フランス、日本の病院(小児血液癌科、自閉症、アルツハイマー患者、トリソミー症、交通事故後遺症)、高齢者介護施設、リハビリセンター、難病の児支援キャンプ、地域との交流

2008年、東京にて《クラウンエマージェンシー-緊急クラウンジャポン-》結成。東京を中心に日本各地で訪問活動を行っている
緊急クラウンジャポン-Clown Emergency

俳優対象のクラウンワークショップ
学校、医療従事者、アソシエーション、グループなどを対象にクラウンメソッドから学ぶ研修、研究会を随時行っている

 

"ジャッククコックのクラウンメソード-各自の中に存在するそれぞれのクラウン(道化部分)を引きだす-との出会いは私に大きなインパクトを与えた。
以来演じる時はいつでも、それがクラウン劇、マスク劇、喜劇キャラクターの創造、マリオネット、古典劇、映画の中の役、ダンス、音楽、朗読であっても、私の中で待機するクラウンキャラクターが観客に会うために、外に飛び出してくるのだ!
"